日本の海、港を守る

日本は四方が海であり、そのため港湾整備が欠かせません。

豊かな国民生活のために船舶の航行や係留が可能になる水深を確保するための「浚渫  -しゅんせつ-  」は必要不可欠です。

全国浚渫業協会は、港湾・漁港・空港・河川・湖沼などにおけるグラブ式浚渫工事の専門技術集団で、工事の効率化はもとより薄層、大深度、汚濁防止、低騒音、浚渫土の有効活用など浚渫工事の今日的課題にも取り組んでいます。

-NEWS-

2021 令和3年


「令和2年度第3次補正予算を踏まえた建設業者向けの支援策について(令和3年2月8日付)」https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk1_000181.html

2020 令和2年


・  令和2年度 技術功労賞候補者の推薦について【土木学会】http://www.jsce.or.jp/  R2.10.1→R3.1.20まで

・  第23回 国土技術開発賞の募集について【国土技術研究センター】http://www.jice.or.jp/news/detail/107

  R2.10.14→R3.1.13まで